設立趣旨

あなたがこれまで長い間蓄えてきた豊富な経験、知識や知恵(知財と呼びます)を基に、再び学ぶことによりさらに磨きをかけ、もう一度これからの日本のために役立てて見ませんか。
今、日本はあなたの豊富な経験と磨き上げた知力を最も必要としています。
こうした意欲がある方のために、ネット国際市民大学「知財学部」が創設されます。
ネット国際市民大学「知財学部」にキャンパスはありません。キャンパスはネット上にあります。
再びネットで学ぶという意味でRe-Leaningシステムという新しい学習方法が提供されます。
一度は受けて見たかったあの先生の講義をインターネットを活用して、いつでも誰でも自分のペースに合わせて受けることができます。

カリキュラムに関連するテキスト、参考書、あるいは皆さんの自分史などあらゆる情報はすべて電子化されてネット上のネット国際市民大学電子図書館に保管されていますので、いつでもどこからでも閲覧することができます。
人の息吹きを吹き込むネット国際市民大学を目指して、
社会への恩返しカリキュラム、日本の新しい街づくり提言カリキュラム、日本の創年・復興カリキュラム、などなどユニークなカリキュラムが準備されています。
皆さんもネット国際市民大学「知財学部」に参加しませんか。
参加登録の申込はこちら

年間数回の現地特別スクーリングがプログラムに組み込まれています。特別スクーリングは皆さんの要望を実現させる形式で実施されます。
また次の世代の知財として役立たせるため、貴重な講義やスクーリングなどの記録はすべて永久にインターネット上にアーカイブされます。このアーカイブに知財としての権利がある間は、この権利が生み出す利益は権利者に還元されます。

ネット国際市民大学「知財学部」に入学し、自分教育ルネッサンスを一緒に始めませんか。
入学の資格は、「再び学び社会に実現・貢献する意欲」です。
入学の案内はこちら